ワーママ、不労所得でセミリタイアを目指します

ワーママが、セミリタイアする為に不労所得を得る方法を模索するブログです。

落合陽一さんの「0歳から100歳まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」を読みました

昨日、落合陽一さんの本

 

「0歳から100歳まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」

 

を読みました。

 

タイトル長い!!

 

 

私の中で

“人生100年時代をどう生きるか”

が、最近のテーマです。

 

 

100年生きるって長くないですか?

 

なんとなーく自分の寿命は85歳くらいかな?なんて思ってたんですが、100歳を過ぎている人はすでに約7万人いるそうです。

 

33歳の私が老後を迎える頃には、もっと寿命が伸びているかもしれない。

 

100歳まで生きるのは、もはや珍しい事ではないんです。

 

 

じゃあ100歳まで生きるとして、今の仕事を100歳までとはいわないけど、定年まで続けたいか?

 

アパレルを生業としている私の答えはNOです。

 

むしろ、今の若者のトレンドを追う仕事は40歳までできるかどうかも疑問です。

 

100歳まで生きるとしたら、人生半分以上残ってる…。

 

もちろんアパレルでもミセス向けの仕事を選べばもっと長くできると思います。

 

だけど、そこまでの意欲が湧いてこない。

 

想像してもワクワクしないんです。

 

100年も生きるのに、つまらない仕事を1日の約三分の一費やしているなんて、絶望的です。

 

 

さらに時代は進化し続けるわけで、機械化も進む上で自分に何ができるか?となると、一気に不安になります。

 

できることをやるだけじゃ、時代について行けないんじゃないか。

 

進化について学び、行動できる人が有利な時代になります。

 

 

 

さらにさらに大切なのは、健康であること。

 

超当たり前なことですけど。

 

健康じゃない身体で長く生きることになれば、それこそ絶望的です。

 

 

 

そして親である私としては、娘をどう育てるかというのも課題です。

 

娘には、生き抜く力を身に付けて欲しいし、とにかく人生を楽しんでほしい。。

 

自分にとっての正解や理想を押し付けてしまいがちですが、もっと娘が興味を持つものに寄り添ってあげたいと思います。

(今のところ、しまじろう…)

 

 

最近私が影響を受ける人は、いろんなことに挑戦してる人が多いです。

 

自分にはこれしかできないから、

ではなくて

とにかくやってみる。

 

それが、時代について行く秘訣なのかもしれません。

 

興味を持ったものはとにかくやってみる。

 

新しいことも、やってみる。

 

納得したら、また次の事をやってみる。

 

もっと楽しんで、フットワーク軽く100年時代を生き抜いていきたいものです。